<あの疑問を議論する>【第一回:シャーマンキングの「巫力無効化」について】

こんにちは、〇ちんです。

 

突然連載っぽい記事を書いてみます。

 

<あの疑問を議論する>

 

このコーナーでは、わたくしが昔からずっと疑問に思っていただいぶニッチなことについて、

自分なりの考察を紹介しようというコーナーです。

「他に考察記事があるだろ!」とかいわれても、そんなん知りません。

わたくしが納得できていない疑問は、すべて考察対象です。

 

尚、ジャンルは限定しないつもりですが、タイトルなんかにわかりやすく表示するつもりです。

 

第一回目は、漫画「シャーマンキング」の中における重要テクニック「巫力無効化」について考察します。

 

【用語紹介】

●シャーマンキング

週刊少年ジャンプでかつて連載していた、伝説の漫画。シャーマンの少年「麻倉葉」が、全知全霊の王「シャーマンキング」を目指して仲間たちと戦いを繰り広げ、成長していく、というお話。

●オーバーソウル(O.S.)

シャーマンが使うことのできる、霊体をこの世に具現化する技術。霊って触れないけど、霊力のある人が潜在的に持っている「巫力」という力を使えば、うまいこと触れるようになるよね、みたいなテクニック。(現実世界でいう「ラップ現象」などがこれにあたるとされる)

ドラゴンボールでいう「気」みたいな感じ。

●巫力無効化:O.S.がどんなに強力であっても、元は巫力で出来ているものだから、巫力を中和させてあげれば消せる(無効化できる)よね、っていうチートみたいな技。唯一、「O.S.で作られた自然の力」には適応できないとされている。

※くわしいところは「シャーマンキング」って検索してみてね。出展は特にないけど、漫画を参考にしているよ。

 

 

【考察】

※ここからはネタバレが全然出てきます。

※あんまり優しい解説とかは書いてません。詳しい人だけ読んでね。

 

 

 

 

 

 

 

巫力無効化といえば、シャーマンキングの中ではかなり重要な役割を果たす戦闘技術。

上級レベルのシャーマンはこれをうまく使えるか否かで、格付けがされているような雰囲気がある。

そんな巫力無効化であるが、漫画本編で唯一、〇が納得できていない描写がある。

 

ストーリーは終盤に進むにつれ、パッチ十祭司との戦いを展開していく葉たち。

そのクライマックス、完全版最終巻において、最後の祭司「ラザホー」との戦闘中のこと。

 

ラザホーは宇宙のプラントを司る祭司で、持ち霊は宇宙人の「グレイソーサー」。

宇宙を完全に再現した空気の存在しないプラントでの戦いの中、重力で相手を押しつぶす技を展開する。

しかし重力の中でも平然と立ち上がる葉。彼曰く、「巫力無効化しちまえばなんてことないだろ」とのこと。

結局この後、葉の技で負けたラザホーだったが、ちょっと待って。

 

「巫力無効化って、自然の力には使えないんじゃ、、、」

 

その疑問が10年近く、〇を悩ませている。

おそらく作者の武井宏之氏が設定を忘れたのでは?という説が飛んできそうだが、ここではその話は無し。

あくまで物語の設定のみで解決していきたい。

 

考察その①

<ラザホーの重力攻撃が完全に自然を再現できていなかった。>

ラザホー自身の自然の再現力が欠如していたという説。しかし、これはプラントを全てO.S.で再現できているパッチとしてはかなり可能性が薄いのではないか?十祭司間を知恵を共有しただけでも「再現するだけの理解が薄い」とは考えにくい。

 

考察その②

<実は自然の力も無効化できちゃう。>

んなわけない。と思うのだが、ちょっと待った。

そもそも巫力で出来た力に対して適応できる「巫力無効化」が、「巫力で作り出した自然の力に対しては聞かない」という記述はない(多分)。

当然「自然界の力には使えない」ことは言うまでもないが、実は巫力で作り出した自然の力は「元々ある自然の力+巫力で作り出した自然の力」の合力であると考えるのが妥当ではないか?そうすれば、巫力で作り出した力は無効化で打ち消せても、元々存在する自然力は消せない(=無効化できない)と考えてもおかしくない。

 

考察その③

<実は思い込みでどうにかなる>

これ、O.S.の強さにも関係するところ。

元々O.S.には精神力など、巫力以外にも関係してくるパラメータが多い。

「思いの力一つでどうにでもなる」という漫画の主題テーマの一つにもあるように、

思い込みの部分でO.S.自体の属性まで決まってしまうということはないか?

自然界の力に対しては理解が深い(というより頭の回転が速い)葉でも、重力に対する理解(イメージ)は薄かった。

そのため、他の力と違い「重力ってなんだっけ?」という精神状態で無効化をかけていれば、

術者本人にとっては「ただのO.S.に対して無効化した」と知覚され、効果があったのではと考える。

実際、この後のハオ戦で葉が「なんかよくんわかんねえけどすげえ力!G!」みたいな発言をしている描写がある。

 

ここまでまとめると、

①ラザホーの重力再現力は高かったが

②元々の重力に対して、巫力によって増幅した重力が大きく

③葉にとっては明確な「自然の力」と認識されず効果が薄かった

という結論になる。

 

うん、書いてたらそれっぽくなったので満足である。

この記事は、〇が満足したら、そこが書き終わりになるのです。

 

尚、この議論に対するコメント、アドバイス、ご意見などあれば受け付けます。

反対意見は大歓迎だけど、誹謗中傷はだめよ。

 

参考:シャーマンキング完全版 27巻(Amazon)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です