出し惜しみするな

こんにちは。

高橋央です。

 

ここ数日で、更新しようとした記事が二つありましたが、どちらも上げることなく終わりました。

 

人前に出してないけど、書いてる時は面白かった。

 

ただ、時間を置いて改めて見返したら、悪意ばかりが散りばめられている文章だってことに気がつきました。

 

僕は、記事を書くフリをして、会社や周りの人への鬱憤を晴らそうとしていたようです。

 

自分のナルシスト加減と、悪意を何の疑いもなく面白いと感じていたことにめちゃくちゃ恥ずかしくなって、修正を始めたら、だんだん一貫性がなくなって、何を書きたいのかわからなくなりました。そして、そんなもの、もちろん面白くありませんでした。消しました。

 

 

むしろ、悪意だけで書いてたままの方が面白かった。

 

 

「思っていることを好きに書く」

が、このサイトでのモットーです。

 

 

今思えば、そのまま上げちゃえばよかった。

 

 

吐き出して、すっきりしたけど、今は60%の完成度だからまた後で見直そう、と思ってしまったのが間違いだった。

 

見直して、手を加えた結果0%になった。

 

論文を書いてるわけじゃないんだから、100%にしなくていい。

ってか自分の考えを書いてるだけのものに、100%なんてあるわけない。

考えなんてどんどん変わってくんだから。

今も書きながら、あれ、こんなこと書きたかったんだっけ?ってなってる。

 

 

そうそう、今回のタイトルは「出し惜しみするな」でした。

 

 

出し惜しみ、しちゃうことがある。

 

人と話してる時とか、仕事とか、ついつい、隠しちゃうことがある。

 

ほんとはまだあるんだけど、これを出しちゃうと、先で出すものがなくなっちゃうから。

後で楽したいから、まだ出さないでおこうって。

こんなに出せるんだったら毎回出せよって思われると困るから。

 

そうやって生きてると、全然楽しくない。成長しない。

 

そんで、何かを持ってる時の安心感に依存して、吸収力が一気に落ちる。

 

全裸の時は必死で隠すものを探すけど、パンツ履いてたら、まあいいかってなるじゃん。そんな感じ。

 

出し惜しみしないで、全部吐き出して、空っぽにして、もう何もないってことに焦ってやっと頭がグルグル回転しだす。

 

あ・・・俺、駆け引きとか絶対無理な人だ。

 

めちゃくちゃに吐き出して、とりあえず形にして、60%でも70%でもいい。完成していなくても、えいやって勢いで投げて、空っぽにして、そんでまた新しいことに興味を持てるようになる。アンテナがにょきにょき出てくる。

 

今までまわりのことにあんまり興味が持てなかったのって、出し惜しみして、隠してることに満足して、安心することで吸収力が落ちていたからなのかも知れない。

 

もともと周りに興味ない人間なんだって思ってたけど違う。

出し惜しみするな!

何思われてもいいじゃん!

馬鹿でもいいじゃん!馬鹿にされるとクソムカつくし殺したくなるけど!

 

 

悪意も善意もめちゃくちゃに吐き出して、胃液も吐いて、胆汁も吐いて、血も吐いて、内臓から絞り出した液体も全部出し尽くして、シコッてシコッて出しまくって、それでもちんちんの先からは出てこなくて、ケツの穴かっぽじっても出てこなくて、そんで脳梁もパカーンして、出てきたやつはまだ甘くて、右心房も左心房も左心室もパカーンして、意識も存在も全部パカーンしてやっと出てくるやつ、それが知りたい。空っぽなのかもしれないけど。

 

 

うぉ・・・

 

 

お・・・

 

 

お・・・

 

 

お、お、お・・・

 

 

おちんぽ!!!!

 

以上!!

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です