よく喋るおじさんについて

 

職場に話し出すと止まらない人がいる。

 

よくいる自分のことしか喋らない人ではない。

仕事の技術的な話がメインでちょっと教育の話もしてくれる。

ただ、やたら話す。

 

なぜそんなに話すのだろう、なぜそんなに話したいことがあるのだろう。

なぜそんなに色々なことがどんどん浮かぶんだろう。

 

そんなことを思ってしまうくらいに話す。

 

のど、乾かないのかな。

おじさんののどを心配する程度に、俺は集中していない。

けれど聞いていないわけじゃない。

 

そのくらいの聞かせ方ができるって逆にすごい。

逃げない程度に、集中しない程度に、聞かせ続ける。

すごい。

聞くのがしんどかったら適当に流して逃げるし。

 

話がおもしろいわけでもないし、

タメになるかというと、そうでもない。

タメになることもちょいちょい挟むけれど。

 

あと、ときたま思いやりを感じる部分もある。

 

そして、すごく優しい話し方をする。

そんで、すごく優しい声をしている。

ただ、話が長い。

 

「ああ、これはあの人に聞かないと分からないんだけど、あの人に聞くと二時間は使うからなあ笑」

これは、先輩のセリフである。

 

先輩も、同じなのか。

 

優秀な先輩たちが二時間も話に付き合ってしまう程度には、

やはりおじさんは話がうまいのか。

 

いや、うまいのか?

 

先輩たちが優しいのか?

 

もしやそのどっちもなのか?

 

 

でも、話したあと、特に何も残らない。

 

おじさんは何か残っているのかな。

せめておじさんには何か残っていて欲しいな。

 

話すことで、頭が整理された、とか。

たくさん話してスッキリした、とか。

あったらいいな。

 

話し出す前と特に変わった様子はないけれど。

 

もしかしてお互い、特に得るものはないのかな。

 

その時間、一体なんなんだ笑

 

でもお互い苦じゃない。

苦じゃないけどタメにもならない。

 

不思議な能力だ。

たまに影でめちゃくちゃにこき下ろされてるけれど。

 

助かるのが、適当に相槌を打つだけで話が進むこと。

大して興味がない話に意見を求められるの、しんどくてかなわないから。

 

どう思う、とか聞かれたり、

なんか言ってよ、みたいな間がないから楽。

 

ただひたすら相槌を打つロボットになればいい。

 

もはや俺じゃなくていい感じに相槌を打つロボットでもいい。

 

ただ、おじさんに相槌ロボットに話しかけさせるのはかわいそうだな。

そんなことが平気で出来る人にはなりたくないな。

 

ロボットじゃなくて意思のある壁ならまだいいかな。

ただの壁だとかわいそうだけど、意思があればなんか許されそう。

そしたら壁じゃなくてもいいか。もう俺でも先輩でもいいか。

 

以上

 

高橋央でした。

 

スポンサーリンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です