【覚書】一年くらい前に登録、放置していたAWSアカウントを解約した

こんちは。keyです。

久しぶりの投稿ですが、いつもと全く関係ない話題です。

昔思い付きで登録していたAWSのアカウントを先日解約したので、覚書程度にシェアしておきます。

●背景

先日、こんなメールが突然届きました。

AWSからの無料トライアル終了のお知らせ

すっかり忘れていたのですが、一年ほど前にAmazon Alexaを購入した勢いで「スキルメーカーに、俺はなる!」と突然思い立ってスキルkitを使い始めた私。結局、途中でAWS Lamdaが必要になると思い、AWSアカウントを契約していたのでした。

ちなみスキルというのは、Alexaで使える色んな付加機能のこと。スマホでいうアプリみたいなものでしょうか。

当時(今もですが)、コーディング・ド初心者の私にはあまりにハードルの高い挑戦でしたが、AWSには12か月の無料枠がついているので、それを使ったのでした。

何も開発していないので大丈夫だとは思いますが、放置してたら数百万引き落されてたとか、放置して乗っ取られたとか色々あるみたいだし、、、

AWSについては脱初心者をしばらくあきらめ、今は解約しておこうと決めたわけです。

前置きが長くなりましたが、次から解約手順をシェアしていきます。

編集が雑なのはお許しください。

●この記事が役立ちそうな人

私のように「何かの興味でAWSに個人で登録してしまったが、こういったサービスの全くの初心者で、全く進歩がなかったため解約する方」にしか役に立たないと思いますので、業界の方やちゃんと勉強してる方は他のHPの方が有益かと思います。

(一応、2019年8月現在で最新のインターフェースになります。結構インターフェースが変わるようなので、参考程度にはなるかな?)

AWSのサポートにも書いてある程度の内容なので、一人だとやり方があっているか心細い相当チキンの方(そう、私のような)は答え合わせ程度に見て行ってください。

※私の答えがあっているとは限りませんが!

●最短解約手順

※ルートアカウントでの解約を想定しています(IAM等が気になる方は、後術参照)

①まず、先ほどのメールから「billing console」に飛び、ログインします。

請求情報の画面(無料枠のため課金はありません)

②右上のアカウント名をクリックし、「マイアカウント」を選択

赤字部分がアカウント名になっています

③とんだ先の画面を一番下までスクロールします。

アカウント画面。下までいくと、、、
アカウント解約の項目が一番下に。

④全てのボックスにcheckを入れ、アカウント解約を押す。

※もし心配なようなら③の赤線部で請求がないか確認しておいてください。

●ルートアカウントで作ったIAMについて

当時色々調べた結果、セキュリティ向上のために本家アカウント(ルートアカウント)に紐づけてIAMと呼ばれるアカウントを作ったんでした。

多分やらなくても大丈夫なのでしょうが、心配性なので、解約をポチる前にこちらの削除もしておきました。(先に書けよ)

①メールからログインしたページから「サービス」→「IAM」をクリック

左上の「サービス」を開き
IAMを選びます

②開いたページの「ユーザー」を選択

人によってはセキュリティステータスは異なると思います。

③消したいユーザー名にcheckを入れ、「ユーザーの削除」を選択

最後のアクティビティ 84日前 って、、、?

④ポップアップウィンドウの「はい、削除します」を押して、はい、削除します。

最後のアクティビティの記憶がございません怖い怖い怖い

●まとめ

解約すると最後にメールが来ます。90日以内ならまだアカウント使えるよ!的な内容ですが、84日前にログインしていたのが誰なのか怖くて夜も眠れませんので、再ログインすることはないと思います。調べたら通知用のサービスみたいでしたが、、、

しばらくクレジットの明細には注意を払おうと思います。

何か気になったことがあればぜひコメントください。

ではでは。

【覚書】一年くらい前に登録、放置していたAWSアカウントを解約した” に対して1件のコメントがあります。

  1. あきら より:

    すげー!めっちゃ役に立ちそう!作り込んでるね!

    1. key より:

      でへへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です